記事一覧

韓国で誕生日に食べるもの


韓国では誕生日にワカメスープと麺類を食べる習慣があります。先日、尹錫潤先生はお嬢さんの誕生日にケーキやチャプチェ、ワカメスープを作ってお祝いしました。
ワカメスープは、女性が出産後に初めて食べるものであり、妊娠、出産、育児で苦労した母親の恩に対して敬意と感謝を表す意味があります。また、麺類は長生きを願う意味があり、春雨などの麺類は切らずに調理する必要があるとのことです。

子供から両親に長生きしてくださいというのは、韓国語で「オレオレ サセヨ」と言います。「俺、俺、サギ」と間違えないようにしてくださいね。韓国語学習と共にぜひ韓国の食文化も味わってみてはいかがでしょうか。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。